売り手市場の今、必須条件に惑わされずに応募してみよう。

まずは募集してみよう

経験はないがスキルはある

「経験者募集」という求人広告はよく見かけますよね。
大学や専門学校で学んだスキルはあるのに、実務経験はない場合は応募できないのでしょうか。

いいえ、応募は可能です。
必須条件を満たしていないからと言って応募できないわけではないのです。
経験があってもスキルが見合っていない人材もいます。
逆もしかりですが、まずは応募してみましょう。
企業側は、できれば経験者がほしいけれど、それに見合ったスキルを持っていれば採用してくれるかもしれません。
企業は、スキルだけでな、人間性を判断して採用するかどうかを決めます。

最近は履歴書だけで判断せず、応募者全員と面接をする企業も増えています。
面接は自分をアピールできる場所です。
必須条件をうのみにせず、まずは応募してみましょう。

見込みがあると判断される

経験やスキル、そして習得スピードは人によって異なります。
同じ研修を受けても、同じ会社で同じように働いても、結果は同じではありません。
経験者よりも未経験者、スキルがある者より、習得できる見込みがある者を企業側が選ぶ可能性も、十分にあるのです。

まずは応募しなければ、面接はありませんので、もちろん応募してみることが先決です。
企業はスキルや経験だけを求めているわけではありませんから、それまでの経歴や人間性を持って判断します。
結局のところ、企業も先後は「人」を見て判断するということです。
違う業種の営業経験者であれば、違った視点で会社に貢献してくれる、と企業が判断する場合もあります。
また、経験やスキルが全くなくても、育ててみたいと思わせることだってできるのです。

TOPへ戻る