売り手市場の今、必須条件に惑わされずに応募してみよう。

人を募集する企業

まずは即戦力がほしい

では、求人を出す企業側はどういった思いで募集をしているのでしょうか。

もちろん業種やその時の状況によって違いますが、共通しているのは、「即戦力がほしい」ということではないでしょうか。
業績に貢献する前の研修や見習い期間は企業にとってはメリットがありませんから、すぐに戦力になってくれる人がほしい、というのは当然の思いでしょう。
いちから教えるよりも、ある程度のノウハウを持っている人を採用すれば、研修期間も少なく済みます。
研修期間は教える側の工数も必要ですから、やはり、「即戦力がほしい」という思いに至るのでしょう。

しかし、経験者や即戦力ばかりから応募があるわけではありませんし、いい人材は他の企業も欲しいと思うものです。
そのため、企業側も条件を緩和してでも、とにかく人材を確保するために四苦八苦しているのです。

いくらスキルがあっても採用しない

経験やスキルがあり、即戦力になってくれそうな人材であっても、企業は必ず採用するとは限りません。
一緒に働いていくメンバーになるわけですから、人間性も重要視するポイントです。
経験やスキルだけで採用するのであれば、面接は不要です。
でも、ほとんどすべての企業で面接は行われています。

経験やスキルが同じくらいの人材から応募があれば、人間性で採用を決めるでしょう。
もしくは経験やスキルが多少劣っていても人間性を見て採用をすることもあります。
人が働いて成り立つのが企業ですから、働く人同士が気持よく働けるかどうか、という観点でも人間性を重視するのです。
情報セキュリティや労務、人間関係など、どんな問題であっても、対応する企業側にとっては、問題解決までに費やす時間は大変なものですからね。

TOPへ戻る